固定電話を導入する流れや注意すべきこととは?

固定電話を設置するといいこと沢山!設置する時に必要な知識

固定電話の必要性

  • 月々の使用料が安い
  • 事業を営む場合は信用に結び付く
  • 災害時に強い
  • 防犯性に優れている

料金の違い

携帯電話

プランによりますが、一分かけただけで30円程かかるので決して安いとは言えません。かけ放題じゃない限り、少しの電話も躊躇してしまいます。毎日15分電話すれば、基本料金込みで1万円は軽く超えてしまいます。

固定電話

市内通話なら、3分会話をしても10円以下で収まります。仮に毎日15分電話をかけたとしてもお金は2千円未満です。基本料金を足しても5千円以内でしょう。

固定電話を導入する流れや注意すべきこととは?

女性

レンタルと購入の費用差

電話加入権を購入し、固定電話を設置する人とレンタルで済ませる人の二パターンありますが、使用料は数百円と大差ありません。ただ一年を通してみると、およそ5千円の違いが生じます。これは電話加入権を購入する金額に相当します。始めはレンタルから入り、その後に電話加入権を購入してもOKです。電話加入権があると停電や災害時に安否確認を取れるので、災害が多い日本なら検討した方がいいかもしれませんね。

直収電話という手もある

電話加入権を購入せず、固定電話を設置したい場合は直収電話が最適です。基本料金や通話料がとても安く月々の通信費が削れると好評です。業者から届いた複数の請求書をまとめて支払える点も魅力の一つでしょう。個人だけでなく法人も契約するところが増えているため、需要はかなり高いです。

設置までの流れ

大まかな流れはメールや電話で申し込みをした後、工事の日程を決めて固定電話を導入します。電話番号は、リストの中から自由に選べる他、スムーズにいけば即日取得が可能です。プランの提案や相談はオペレーターを介して行なうので、わざわざ店舗に足を運ぶ必要はありません。申し込みから工事の依頼まで電話一本で済むのは忙しい人にとって有難いでしょう。

広告募集中